--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2010.12.14 *Tue

【漫画】ドリフターズ 1

給与税ってなんですか。ゆの字です。

最近行った飲み会で古い知り合いと出会いました。
お互い顔は変わっていないのにお互いに持ってたイメージが全然違ってたりして
なかなか楽しくお酒が飲めました。今後ともよろしく。

今回読んだ本はコレ。

ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)
(2010/07/07)
平野 耕太

商品詳細を見る


 「なにこれすごい これくれ ちょっとローマ滅ぼしてくる」

---
A.D.1600 天下分け目の関ヶ原・・・
敵陣突破の撤退戦 "島津の退き口" "捨てがまり"で敵将の首を狙うは島津豊久!!
生死の狭間で開いた良世界への扉・・・
現在では無い何時か、現実では無い何所かへ戦国最強のサムライは新たな戦世界へ招かれる!!
---

平野さんの最新作。いつのまにかこんなの始まってたんですね。
主人公は島津豊久、撤退するために敵陣を切り開く「島津の前退」のあの人ですね。
ちなみにこの漫画では井伊直政が豊久に撃たれてますが、史実では豊久を討ち取ったものの、
別の人に狙撃されて落馬、その傷がもとで2年後にお亡くなりになった模様です。
でもいいよね、豊久かっくいーし。

で、井伊直政に致命傷を与えつつも自らも瀕死となった豊久は森の中を彷徨う内に
異世界に飛ばされます。ええ、エルフとかいます。ファンタジーです。
その世界では漂流物と呼ばれる異世界人と、異能の力を持った廃棄物という軍勢が
世界の行く末を賭けて戦争をしています。豊久は漂流物(ドリフ)側です。
で、この世界には豊久だけでなく、様々な歴史的人物が漂着しているようで、
平野さん解釈の偉人達が徐々に登場してくる様は本当に胸が躍ります。
漫画でこんなにわくわくしたのは久々だよちくしょう。

次巻も買います。むしろ早く出してください。
正直ヘルシングよりもわくわくです。

にひひひひひ。
12:48CM(2)TB(0)EDIT

2010.12.08 *Wed

【漫画】紅 kure-nai 6

虫歯がヤバイ。ゆの字です。

ジンオウガがでてきたので倒しました。
わりとあっさりで驚いたんだけど、今回の敵はなんかモーション読みやすいのかな。
それとも前作やってるから慣れたんだろうか、なんかさくさく。

今回読んだ本はコレ。

紅 kure-nai 6 (ジャンプコミックス)紅 kure-nai 6 (ジャンプコミックス)
(2010/12/03)
山本 ヤマト

商品詳細を見る


 「アルコール95%のやつね」

あらあら。
---
かけがえのない人を守りたい!!元≪崩月≫門下、通称≪レッドキャップ≫から
夕乃を救うべく、全力で立ち向かう真九郎。その脅威に打ち勝つことができるのか!?
そして、真九郎に接触をはかる悪宇商会の思惑とは!?
---
みたいです。

さて、全ぼくが大好きな山本ヤマトさんの漫画です。
前に記事にした電波的な彼女の作者でもある片山憲太郎って人が書いた小説が
原作なんですが、漫画版はオリジナルストーリー的な進行が続いていて、
斬彦ちゃんがとてもかわいいのでむしろ原作より好きだったわけなんです。
しかしここにきて原作の流れに戻っていっちゃう気配を見せていてなんかぐんにょり。
別に原作のほうに合わせなくていいのに。
前巻で絶奈さんがでてきてたし予想はしていたとはいえなんかなー。
ぶーぶー。

紅、小説版では醜悪祭の下巻まで読みましたが、結局あのあとって続いてるんですか?
あの展開だとしんくろうさん死んでますよね。あれで生き延びてたらキラさんレベルのKYですよ。
まあ、読んでた理由が挿絵が山本ヤマトだったっていう理由なんでどうしようもないんですが。
しかしなんだ、ナイフを刺したら素肌にはじかれるばかりか真っ向からひん曲がるっていうのは
どういう物理現象なんでしょうね。ぶっちゃけおっぱい刺して獲物が曲がるのは異常事態です。
あのおっぱいは堅いんですか、ナイフひん曲がるくらい堅いんですか!
大問題だ・・・ふぅ。

あと緊張を緩めると傷口が開くっていうのもなんか納得いきません。
「あー今日も疲れたな」で気を緩めたら傷口が開きつつ、開く前なら治療がしやすいようにする
一定の配慮込の切り方。なにそれこわい。
補足としてたしか小説版では「切られたことに気が付いていれば大事には至らない」
みたいな試験みたいなことをされたっていうニュアンスもあったはずだけど、
この場合斬彦ちゃんとはかなり仲良くなったあとなんでその説明は使えなくなったのか。

達人が日本刀かなんかで物を斬ると切断面が滑らかすぎてくっつけるとくっついちゃう。
みたいな話はきいたことがあるけどそれにしてもどうなんだろう。
あ、でも展開として「患者が出た、医者を呼ぶ」→「誰か怪我でもしたんですか?」→「キミだ」
っていうのは好きです。かっこいいよね中二っぽくて。

山本ヤマト以外が描いてたら買わなかったと思う。
9Sの挿絵も続けてくれればもあべたーなんだけど漫画の仕事あるから無理ですよね。
ヤマトェ・・・。

あふう。
16:16CM(0)TB(0)EDIT

2010.12.05 *Sun

【漫画】鋼の錬金術師 27

書店くじで100円あたった。ゆの字です。

運良く初日にゲットできたわりにはモンスターハンターがすすまない。
同時進行してるネトゲのほうがモンハンに負けまいとアップデートを重ねてきてて
非常に忙しいんです。ああいそがしいいそがしい。

今回読んだ本はコレ。

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)
(2010/11/22)
荒川 弘

商品詳細を見る


 「さっきのは俺様の 最初で最後のウソだ」

あらすじいるかな。今回は省略。
さて、大型タイトルの最終巻。ついに終わってしまいましたが本棚には並んでいません。
集めてはいないけれど続きが気になるタイトルなのでなんだかんだで毎巻買ってはいるんですが
なんでか本棚に貯まらない。ふしぎ!
ざくっとした感想としては、とても少年誌らしい最終回への流れでなんか読んでて少し
恥ずかしくなった感じ。や、自分の年齢とのギャップがね。
展開に文句をつけるニュアンスじゃなくて、ああ、昔こういう気持ちのいい勧善懲悪漫画が
すげー好きだったなあって感じで懐かしくなるというか。うん、なんだか懐かしい。

というか元々敵だったキャラクターのかっこよさがいいっすね。かっこいいベジータみたい。
冒頭の斜体はグリードさんの名言。しびれるます。前巻ではキンブリーさん。しびれるます。
あとようやく我らのおちびがウィンリィ嬢にプロポーズしたんですが、その言葉がまたいい。
さらにその返答がすごくいい。ここは作者も本当に長い間温めてたんじゃないかなあ。
大体の人が幸せになって大団円。青年誌だとちょっと物足りないかもしれないけれど
ガンガンならばこの終わり方で大正解だと思います。
全体的に面白かった、ありがとう!

でも錬金術使えたのが使えなくなるって今のぼくらでいうとインターネットが使えなくなる
みたいなもんなんかな。とても不便だけど、ちょっと今の世の中は便利すぎるとも思うの。
まぁ、手間かかるのもいいもんだよな。

でも自分だけ使えなくなるってなると覚悟いるね・・・。
17:44CM(0)TB(0)EDIT

2010.12.01 *Wed

【漫画】よつばと! 10

梨を食べたい。ゆの字です。

ツタヤにいったらレンタル本の中古卸をやっていたので1冊50円で購入。
2900円の衝動買い、段ボールで持ち帰ったにしては結構お安かったです。
まあ、全部漫画なんでそんなに時間は潰せない・・・かな?

今回読んだのはコレ。

よつばと! 10 (電撃コミックス)よつばと! 10 (電撃コミックス)
(2010/11/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


 「テガ!!」

こういうのってあらすじっていうのも変な感じがするなあ。
まとめると「子供から見た大人の世界と大人から見た子供の世界」みたいな?
子供がいる親に読んでほしい作品だと思います。
で、これはそれの10巻目。

1巻に比べると登場人物がかなり増えたもんだと思います。
しかし話の中心になるのはやはりよつばととーちゃん。
毎回思うんですがとーちゃんは聖人か何かなんじゃなかろうか。
昔山奥で修行してついに悟りを開いたのじゃ、みたいなこと言われてもなんか納得しちゃいそう。
基本的にとーちゃんはよつばと視点を合わせます。で、よつばの行動を基本的に束縛しない。
ちょっとしたことがカンに障る、みたいなことが話の中では一度も描かれていません。
そのおかげかよつばはのびのびと育っているように見えます。

仕事や作業をしているときに子供にしつこくねだられるとそれに付き合ってあげるっていうのは
本当にめんどくさい時があると思うんだけれど、このとーちゃんはほぼすべてに付き合って
あげてるんですね。このあたりちょっと身につまされる思いです。
ホットケーキを作ると言われれば材料を買ってきて、失敗すれば材料を追加してやり、
多少部屋を散らかしたところで怒らず(いからずって読んでください)、
「お茶碗は割ってもいい、失敗するのがよつばの仕事だ、しかし嘘はつくな。」
と諭してやる。

子供の頃を思い返すと、やはり失敗はしていたし、それを隠そうと嘘をついた覚えもあります。
そのときぼくの両親は「なぜこんなことをやったんだ!」と頭ごなしに怒鳴りつけるような
叱り方をしていたように思います。そしてきっとぼくもそうやって怒ると思います。
それはおそらく「壊されたことが腹立たしい、片づける必要があってうっとおしい。」
そういった気持ちが、多少なりとも含まれているためだと思います。
しかしとーちゃんは自分の感情より、よつばの教育を第一に考え、
失敗そのものは許容し、しかし嘘を許容しないという態度を真摯なまでに貫いています。
「子供だからわからない」というのは多分大人の勘違いでして、子供は大人のことをよく
見ているものだと思います。そしてこの場合子供というのは本来の意味の子供だけでなく
自分の部下や友人とも同義であり、つまりは他人との付き合い方にもあてはまると思います。

そういった点を考え、自分を振り返り、あまりの出来てなさに悶絶しつつ
よつばちゃんのかわいいさに和むわけですね。
あーもうジャンボかわいい。

あれっ?
00:26CM(0)TB(0)EDIT

2010.11.30 *Tue

【実用書】ラクガキ・マスター

ドライバ片手に指が痛い。ゆの字です。

どうも電気ケトルの蓋の部分が壊れたらしく、スイッチを押しても戻らなくなっていたので
分解して30分くらい格闘。ボンドの存在が確認できたのでそれ以上の作業は諦めることにし、
水を入れてスイッチオン。
しばらくしてポコンという音とともに戻る開閉スイッチ。こいつ、お湯の温度で戻りやがった。
ということがこの記事を書こうとページを開いた瞬間に起こりました。
この徒労感。

今回読んだ本はコレ。

ラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホンラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホン
(2009/12/19)
寄藤文平

商品詳細を見る


 「気持ち悪すぎて、気持ちいい。」

「描くことが楽しくなる絵のキホン」だそうで。
絵を描ける人ってすごいなと思うんですよ。で、描いてみたいと思うじゃないですか。
そんな折本屋さんにこういう本が置いてありまして、中身をぱらぱら見てみると
なんかタメになるんじゃねーの的なことが色々書いてあって、
目から鱗が少しだけ落ちた感じがしたんです。
という理由付けの衝動買い。どうも本に関しては歯止めが利かないよ・・・。

この本では絵の描き方というより、落書きの仕方、みたいなものが紹介されてます。
なんじゃそりゃ、と思うかもしれないですが、ぼくが描いてみたい絵はまさにこういう絵でして、
なんというか、絵を描いていて時間が過ぎるのはいいけれど、時間をかけて絵を描くのは無理
ってノリです。絵を仕事にしてる人って本当にすごいと思う。
で、描いてある内容はまず「線」。え、線?って思うんですが、これがまーあドラマティック。
一口で線といってもいろんな種類の線があるわけですよ。
まずまっすぐな線。次にノコギリで切った線、縫い目のような線、ピッケルで掘ったような線、
他にもブラシや田植え、ショベルなど、線っていうと「────」みたいなのしか思い浮かばなかった
ぼくにはこのあたりの発想がもう面白く感じられました。

こんな風に、「そういう発想で描くのか、なるほど・・・」と思わせられて、
ほほーと思ってしまったが運の尽き。質感、輪郭、用途など、様々な角度から攻められて
ちょっとした図でもなんかいろんな視点で見てしまうようになってきます。
他にも、立体、奥行、消失点の有無、イメージの優先、物体のマクロ化、ミクロ化、
人体のパーツ、感情と態度、他にも色々な発想と方法が簡単そうに紹介されています。
あまりに簡単そうなので実際にやってみよう!と意気込むのですがこれがまたうまくいかない。
でもやってるのは絵の勉強っていうより「らくがき」なので、気がつくと時間が過ぎている。
なかなか面白い本でした。
プロとかは目指してないけどちょっと絵に興味がある、みたいな人におすすめしたい。

ちなみに冒頭の斜体はボウフラの穴の落書きについての感想。
本の入りがボウフラで大丈夫か。

大丈夫だ、問題ない。
01:44CM(0)TB(0)EDIT


プロフィール

ゆのゆゆ

Author:ゆのゆゆ
FC2ブログへようこそ!



FC2カウンター



カテゴリ

未分類 (1)
ブログの説明 (1)
小説 (7)
漫画 (11)
その他 (1)



最新コメント



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



月別アーカイブ



Copyright © よんだらかく。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。