--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2010.11.09 *Tue

【小説】PATRONE 仮面の少女

そんな装備で大丈夫か。ゆの字です。

尖閣諸島問題のビデオは小出しにするから反感を買うんですよ。
とはいえ、例の噂通りの内容が映ってた場合はそんなもんじゃ
済まないかもしれませんけどね。
え、民主党本部の近くでデモを起こすと法律違反になるんですか?
最近決まった?
へえ。

今回読んだ本はコレ。

PATRONE(パトローネ)―仮面の少女 (角川スニーカー文庫)PATRONE(パトローネ)―仮面の少女 (角川スニーカー文庫)
(2001/05)
伊豆 平成

商品詳細を見る


 「あのな、特殊な状況で生まれた恋ってのは長続きしないらしいぜ……」

2冊完結物のうちの2冊目。前回の続きですね。
前回のラストから半年くらい経ってるところからスタート。
1巻ではルフィとワイリーの出会いと冒険が描かれていましたが、
2巻は二人の関係の変化というか進展を主軸に物語が進みます。
1巻に比べてお風呂成分大目。アニメ化する際には湯気が大活躍してくれそうです。
冒頭から怪しい動きをしているワイリーさん、どうやらルフィに隠れて
こそこそと何かをしているようなのですが、その帰りに人が死んでいるのを
見つけてしまいます。
さらによく見るとそこには仮面をかぶった褐色の肌を持つ少女が一人。
ワイリーが「お前が殺したのか?」と尋ねるも、少女はただ「匂いがした、もう用はない」
というと、人間離れした跳躍力でその場を去ろうとします。
しかしそこは流石の針金ネズミ、針金を使って相手の足をからめ捕りますが
そこで相手の仮面が脱げてしまいます。
で、仮面の中から出てきたのはあどけない黒い瞳を悲しげに曇らせた少女でした。
「よくも泥面を! 愚かな……愚かなロマヌア人! 殺す!」
こうしてワイリーは仮面の少女から命を狙われることになりました。
さらに、ルフィはその殺人事件を追いかけることで、また厄介な出来事に
首を突っ込んでいくわけですね。
すれ違いってわけじゃないんですが、物語序盤から中盤にかけてルフィとワイリーは
仲違いしたまま別々に行動します。
結局1つの事件を追っかけてるんですが、まあ何事もすれ違いってありますよね。
あと今回は錆色の血族も悪い。いやグッジョブ?
最後は気持ちよく締めてくれるので爽快な読後感が味わえます。
完結してるのはわかってるけど、もう2,3冊続けてくれてもいいのにとか思っちゃう。
ごちそうさまでした。

読んだら書くっていったけど、わりと時間がかかるものだね。
漫画とかも読んだら書くよ。

えー、まじで?
スポンサーサイト
17:53CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

ゆのゆゆ

Author:ゆのゆゆ
FC2ブログへようこそ!



FC2カウンター



カテゴリ

未分類 (1)
ブログの説明 (1)
小説 (7)
漫画 (11)
その他 (1)



最新コメント



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



月別アーカイブ



Copyright © よんだらかく。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。