--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2011.05.07 *Sat

【漫画】先生と僕 (2巻)

発作なう。ゆの字です。

ゴールデンウィークに11連休をもらっているのに呼吸が出来なくなる程の
咳に襲われベッドから離れられなくなっています。
病院に行ったら喘息ですって。そっかぼく喘息だったんだ。知らなかった!
・・・どうも最近自分の体についての理解が足りてないことを強く認識するなあ。

今回読んだ本はコレ。

□----------------------------------------------------------------------□
先生と僕? ―夏目漱石を囲む人々― (MFコミックス フラッパーシリーズ)先生と僕? ―夏目漱石を囲む人々― (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2011/04/23)
香日 ゆら

商品詳細を見る

 「正岡は冷笑が好きな男だった 冷笑してそれから・・・」

日本が誇る文豪、夏目漱石───

日本政府より、国賓留学生としてロンドンへ派遣された夏目先生。
帰国後は、ついにあの名著「吾輩は猫である」を世に発表することになる。
一躍有名となった先生のもとにはユニークな友人や門下生があいかわらず訪れて!?

大好評!先生と個性豊かな友人・門下生がおりなす日本初の文豪4コマ、第2巻!
□----------------------------------------------------------------------□

さて夏目先生第二巻です。
明治文豪を題材にとったという異色の4コマながら、キャラクターがそれぞれ
デフォルメされて描かれていて、さらっと出てくる裏話なんかに萌えてしまう。
かわいい女の子ばかりが萌えだと思うなよ!
「吾輩は猫である」「こころ」「ぼっちゃん」など、教科書に出てくるような
名作を執筆した文豪・・・のはずなんだけど、これを読んでいるとそんな偉大な人とは
思えなくなってくる、むしろ身近に感じてしまうという不思議。
夏目先生エピソードもさることながら、当時の文化や国勢なども透けて見え、
これらの時代に興味を持たされてしまうあたりが素晴らしいと思います。
本好きには本当におすすめできるシリーズです。

しかし先生ってば明治に猫耳デビューしてたのか。
時代を先取りすぎだろう・・・。
スポンサーサイト
13:15CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

ゆのゆゆ

Author:ゆのゆゆ
FC2ブログへようこそ!



FC2カウンター



カテゴリ

未分類 (1)
ブログの説明 (1)
小説 (7)
漫画 (11)
その他 (1)



最新コメント



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



月別アーカイブ



Copyright © よんだらかく。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。