--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2010.11.09 *Tue

【小説】PATRONE 護民官ルフィ&ワイリー

雹がすごい。ゆの字です。

読んだので書かなくてはいけません。
そういうルールなのです。
いつまで続くことやら。

今回読んだ本はコレ。

PATRONE―護民官ルフィ&ワイリー (角川スニーカー文庫)PATRONE―護民官ルフィ&ワイリー (角川スニーカー文庫)
(2000/12)
伊豆 平成

商品詳細を見る


 「俺……ロマヌアの山賊じゃなくてよかった」

2冊完結物のうちの1冊目。挿絵はOKAMA先生、イラストがすげえ綺麗。
読み方は「パトローネ」、作中では護民官って呼ばれ方してますが、要は官憲です。
世界感の基本は中世西洋なイメージ。剣も魔法もありますが、
どかーん!みたいな魔法はねーっす、呪術って感じ。つーか呪術です。
主人公は新米の護民官の女の子、おてんばルフィちゃんと
ロマヌアの悪魔と称される程の大泥棒、針金ネズミのワイリーさん。
外国で悪いことをして、世界一といわれる牢獄にとっつかまってたワイリーさんを
祖国の法の下で裁くためにルフィちゃんが迎えというか、引き取りにくるところから
話がはじまるんですが、迎えにきたルフィちゃんにワイリーがこう言います。
「冗談じゃないぜ、人がせっかく苦労して、厳重なマスリックの地下牢に隠れたってのに」
おやおや。
見どころは正義にあふれる少女と、酸いも甘いもかぎ分けたわりに
どこか不器用で真面目な泥棒の掛け合い。
錆色の血族なんかの設定は、なんかやられたって感じがしましま。
蟻みてえ。
1冊ずつで完結する物語が2冊の計2冊構成。ぺらい割になぜか読み応えが
ある本なので、他人には是非おすすめしたい本です。
あ、萌え系では多分ないですが、ワイリーには萌えます。
ワイリーかわいいよワイリー。

雹も止んだしここまでで。
ばいびー。
スポンサーサイト
17:09CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

ゆのゆゆ

Author:ゆのゆゆ
FC2ブログへようこそ!



FC2カウンター



カテゴリ

未分類 (1)
ブログの説明 (1)
小説 (7)
漫画 (11)
その他 (1)



最新コメント



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



月別アーカイブ



Copyright © よんだらかく。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。