--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2010.12.01 *Wed

【漫画】よつばと! 10

梨を食べたい。ゆの字です。

ツタヤにいったらレンタル本の中古卸をやっていたので1冊50円で購入。
2900円の衝動買い、段ボールで持ち帰ったにしては結構お安かったです。
まあ、全部漫画なんでそんなに時間は潰せない・・・かな?

今回読んだのはコレ。

よつばと! 10 (電撃コミックス)よつばと! 10 (電撃コミックス)
(2010/11/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


 「テガ!!」

こういうのってあらすじっていうのも変な感じがするなあ。
まとめると「子供から見た大人の世界と大人から見た子供の世界」みたいな?
子供がいる親に読んでほしい作品だと思います。
で、これはそれの10巻目。

1巻に比べると登場人物がかなり増えたもんだと思います。
しかし話の中心になるのはやはりよつばととーちゃん。
毎回思うんですがとーちゃんは聖人か何かなんじゃなかろうか。
昔山奥で修行してついに悟りを開いたのじゃ、みたいなこと言われてもなんか納得しちゃいそう。
基本的にとーちゃんはよつばと視点を合わせます。で、よつばの行動を基本的に束縛しない。
ちょっとしたことがカンに障る、みたいなことが話の中では一度も描かれていません。
そのおかげかよつばはのびのびと育っているように見えます。

仕事や作業をしているときに子供にしつこくねだられるとそれに付き合ってあげるっていうのは
本当にめんどくさい時があると思うんだけれど、このとーちゃんはほぼすべてに付き合って
あげてるんですね。このあたりちょっと身につまされる思いです。
ホットケーキを作ると言われれば材料を買ってきて、失敗すれば材料を追加してやり、
多少部屋を散らかしたところで怒らず(いからずって読んでください)、
「お茶碗は割ってもいい、失敗するのがよつばの仕事だ、しかし嘘はつくな。」
と諭してやる。

子供の頃を思い返すと、やはり失敗はしていたし、それを隠そうと嘘をついた覚えもあります。
そのときぼくの両親は「なぜこんなことをやったんだ!」と頭ごなしに怒鳴りつけるような
叱り方をしていたように思います。そしてきっとぼくもそうやって怒ると思います。
それはおそらく「壊されたことが腹立たしい、片づける必要があってうっとおしい。」
そういった気持ちが、多少なりとも含まれているためだと思います。
しかしとーちゃんは自分の感情より、よつばの教育を第一に考え、
失敗そのものは許容し、しかし嘘を許容しないという態度を真摯なまでに貫いています。
「子供だからわからない」というのは多分大人の勘違いでして、子供は大人のことをよく
見ているものだと思います。そしてこの場合子供というのは本来の意味の子供だけでなく
自分の部下や友人とも同義であり、つまりは他人との付き合い方にもあてはまると思います。

そういった点を考え、自分を振り返り、あまりの出来てなさに悶絶しつつ
よつばちゃんのかわいいさに和むわけですね。
あーもうジャンボかわいい。

あれっ?
スポンサーサイト
00:26CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

ゆのゆゆ

Author:ゆのゆゆ
FC2ブログへようこそ!



FC2カウンター



カテゴリ

未分類 (1)
ブログの説明 (1)
小説 (7)
漫画 (11)
その他 (1)



最新コメント



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



月別アーカイブ



Copyright © よんだらかく。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。