--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2010.11.24 *Wed

【漫画】先生と僕 ~夏目漱石を囲む人々~

寒くて布団から出たくない。ゆの字です。

ストックがもうすでに30冊を超えています。
忙しいんですよね色々と。大人って大変。
ごめんなさい。

今回読んだ本はコレ。

先生と僕? (―夏目漱石を囲む人々―)先生と僕? (―夏目漱石を囲む人々―)
(2010/11/22)
香日ゆら

商品詳細を見る

 「先生の 年に我なりぬ 漱石忌」

表紙に芥川がいたんでつい買ったやつ。
そもそも4コマって大好物なんですよね。
芥川はまだ知っているけれども漱石の人間像を全く知らなかったので
これは面白そうだと思って期待と共に購入。
内容としては夏目漱石とゆかいな仲間達、みたいな。
残ってる文献とか手紙とか過去の文豪達の著作から
漱石周りのネタを取り出して漫画にしてわかりやすくしたって感じなんだけど
解釈がコメディチックに解釈してあったりしてすごく読みやすい。
わりに「へー、そうなんだ」と思わせられるエピソードとか、著名人同士の交わり、
明治時代の生活など、色々と今ではもう考えられない常識があったりで
なかなか勉強になった気がしましま。

すっげー面白かった。なんかすげーニヤニヤしながら読んでた。
きっとはたからみたらすげーきもいやつだった。きもい、ぼくきもい!
基本的に夏目漱石=夏目金之助を中心として話が構成されてるんだけど
登場人物達がいちいちかわいらしくて頬が緩んじゃう。
夏目先生の人徳と弟子からの慕われ方、弟子の師を師とも思わない態度、
しかしその実心底からの尊敬を寄せているっていう描写。
読んでてうらやましくなる程の人間関係が描かれてました。
さらに本を書く人のはんぱない知識量もちらほら。下地って大切ですね。
あと夏目先生が教師やってたのもこれ読んで初めて知りました。
すごい、夏目先生すごい。これ読んでるだけだとファンになりそう。
今度夏目先生の本も買ってきて読んでみようかと思いました。
このくらいの時代の文体って結構好きなのよね。「の」の使い方とか。

今日は5冊買ってきたんですが、残っているのは1冊とちょっと寂しめです。
え、他の3冊は書かないのかって?

う、うう・・・。
スポンサーサイト
22:47CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

ゆのゆゆ

Author:ゆのゆゆ
FC2ブログへようこそ!



FC2カウンター



カテゴリ

未分類 (1)
ブログの説明 (1)
小説 (7)
漫画 (11)
その他 (1)



最新コメント



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



月別アーカイブ



Copyright © よんだらかく。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。