--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2011.06.21 *Tue

【漫画】デスレス (3巻)

VS2010爆発しろ。ゆの字です。

仕事がいい具合に忙しいというか忙しいです。
あと勤務先が遠い。遠すぎる。片道100分かかる!
どらえもんおちてないかなあ。どこまでもドアー。

今回読んだ本はコレ。

□----------------------------------------------------------------------□
デスレス 3巻 (ヤングキングコミックス)デスレス 3巻 (ヤングキングコミックス)
(2011/06/20)
六道 神士

商品詳細を見る

 「承知」

あの子ぁ悪い馴染み方をしてる
既に力に振り回され始めてる
□----------------------------------------------------------------------□

あれ、記事的に2巻が抜けてた?
まあいいや、なんか見っけたんで買ってきたやつ。
面白いよね。ドリフターズ(ヒラコーのやつ)と同じくらい面白い。比較基準は謎です。
いつもながらおっぱいがおっぱいでおっぱいです。
展開的には何やらミズキが底知れなくなってきているご様子。
いつもながら謎の保ち方がうまいですにゃー。

今回はお披露目の巻。見どころはやはり老人3人集ではなかろうか。
老人ズのキャラ濃いなあと思ってみてたけどなるほどこういう使い方をするならばキャラは濃ければ濃いほどいいというわけだ。ヤラレター。

そして最後に秋葉ちゃん。
小柄、丸顔、ツインテイル、そして着物。かぁーぅわいぃー。
ハト×マダ・・・アリだな!

・・・ふう。


クロスロオド最終巻のほうも描きたかったけど弟に持っていかれました。
まあ読んだから書けるんだけれども。
ストックばかりが貯まっていきます。
どうせ1記事かくの5分もかかんないんだから書けばいいのにね。

あゝ無精。
スポンサーサイト
21:18CM(4)TB(0)EDIT

2011.06.06 *Mon

【小説】ご主人様は山猫姫 (5巻)

鶏肉が安くておいしい。ゆの字です。

最近夜になると眠くなってしまっていつの間にか寝ちゃってます。
睡眠障害だったのが嘘のよう!
むにゃむにゃ。

今回読んだ本はコレ。

□----------------------------------------------------------------------□
ご主人様は山猫姫〈5〉辺境中堅英雄編 (電撃文庫)ご主人様は山猫姫〈5〉辺境中堅英雄編 (電撃文庫)
(2010/07/10)
鷹見 一幸

商品詳細を見る


 「私はスンタタではないクマ。」

ついに侘瑠徒防衛戦が始まった。伏龍の嫌がらせで帝国軍の足並みが乱れるも、劣勢は覆せず追い込まれていく。晴凛の超絶した弓技により、かろうじて敵の攻城兵器を食い止めているが、敵は三万の大軍。落城は時間の問題だった。
一方、孤立無援の侘瑠徒にヤキモキしている少女が一人。タッケイ族のシャールである。「未来の旦那様が一大事」とばかりに、一人でも出陣すると息巻いていた。援軍はまかりならぬというお触れと強情な妹との間に挟まれ、族長のスンタタは脂汗を流すしかなく―。強運に恵まれてきた晴凛たちだが、さすがに今度ばかりは!?大人気シリーズ、第5弾!
□----------------------------------------------------------------------□

スンタタではないんです。
先月7巻が出てたんでおさらいの意味も込めて1巻から再読してたんですが、部屋をどれだけ探しても5巻が出てこない。色々諦めて5巻を飛ばして6,7巻を読んだはいいけれど、やはり1巻飛んでるのは座りが悪く、本屋さんにて定価で購入。

初見でした。不覚。

さて、シリーズ物の5巻目でありますが、1巻~4巻の感想とか書かずにいきなり5巻目の感想を書くことになってこれまた座りが悪いです。でも気づいたんだよワトソン君。1巻から順々に書かないとって思ってると、1巻書き忘れたらよんだらかくが実践できないことにね!
わりといろんなシリーズが円環の理に導かれてお蔵入りになっております。まみまみ。
で、もったいないなと思ったんでシリーズの途中だろうがなんだろうがよんだらかくことにしようかなあと思いました。
いいよね、どうせ誰も見てないし。

前置きが長くなったけど感想。
「そうか!」「はっとした顔で目を見開く」「なるほど、つまり!」
裏をかいた作戦の説明によくこういう文章を皮切りに使う人で、書くのは基本的に戦争、戦術モノ。
とはいえ基本的に史実からネタを持ってきているみたいで、ネタはこれかなーって思って読んでるとそれはそれで面白くなるという多角的な楽しみ方ができる本を書く人です。
展開はわりと王道なんで三国志かっけえって思う人には受け入れられるんじゃないかな。
でも多分三国志を好きすぎると逆に反発されるだろうな。
勧善懲悪三国志ってかんじ。あれ、それってもはや三国志じゃなくね。

表紙は主人公せいりんの嫁ミーネさんと妻シャールさん。
ボインとぺったんに挟まれて川の字で寝るせいりんさんは本当に爆発してしまえばいいのにね。
多分全巻通しての見どころは軍師伏龍さんのびっくり戦術で、今回もイイ性格の作戦を駆使して逆境と切り抜けます。
マイド・ガーナッシュさん(中国産・ハーフサイズ)です。

わりと書こうと思ってたころがあったのに眠気に勝てない。
また今度読んだときに追記でもしとこう。

ついきっきー。
23:25CM(0)TB(0)EDIT

2011.05.28 *Sat

【小説】ロールプレイングワールド (1巻)

エミルクロニクルオンラインはじめました。ゆの字です。

2年に渡る胸痛はどうやら逆流性食道炎だった模様。
お薬でおどろくほど健やかになりました。
来週はまた呼吸器科で検査です。

今回読んだ本はコレ。

□----------------------------------------------------------------------□
ロールプレイングワールド (スマッシュ文庫 く 1-1-1)ロールプレイングワールド (スマッシュ文庫 く 1-1-1)
(2011/05/26)
熊谷 雅人

商品詳細を見る


 「一緒に暮らした!」

修学旅行中、西島勇司は異世界に飛ばされてしまった。飛ばされた先で勇司が手に入れたのは、不思議な本とタクト、そして「俊足の狩人」という異能の力。異世界で出会った少女・ミリーの協力もあり、ようやく新しい生活に順応し始めた勇司の前に、ある火、クラスメイトだった綾部恭介があらわれる。異世界を旅し続けてきた恭介は、再会を喜ぶ勇司に「この世界は俺たちのために創られた世界だ」と告げるのだった──……。
□----------------------------------------------------------------------□

最近増えてきた気がするジャンル:ゲームのような世界に取り込まれる話。
最近でもないか。
カバー裏に書いてある通り、異世界に飛ばされて大活躍する系の、ぼくが好きそうな話です。
とかいいながらゼロのつかなんとかはだめなんだよな。なんでだろう。
まだA君の戦争のほうが面白かった記憶がある。あやふやー。

さて、ぼくは目に入った異世界ものの新刊は高確率で買っちゃって、たまにひどいはずれを引いたりして痛い目見てるんですが、今回のこれはまさにラノベって感じで楽しめるものでした。
異世界に飛ばされた学生さんには条件付きで特殊能力が付与されるようでして、
主人公の特殊能力は「0.5秒の間、体感時間を5秒間に引き延ばす」というジーンダイバー的な能力です。
で、修学旅行中に異世界に飛ばされたのは主人公だけではなかったようで、
クラス全員?という結構な人数が飛ばされてきており、全員が特殊能力を持っていて、
それぞれがそれぞれの思惑で仲間になったり敵になったりするというお話になります。
ちなみに表紙は現地妻なんですが、ぼくはきっぱりと塩の子押しです。王道王道。
でも王道少女のくせに主人公はどっちにも興味がなさそうなんですよね。
まったくうらやまけしからん。
あと関係ないけどオカマに抱きすくめられてる画面の挿絵の尻がとてもよかったです。
本当に関係ねーな。

一周回ってさっぱりするほどの中二設定。
ひさびさにこういうの読んだ気がする。いいぞもっとやれ。
塩の子にはもっとがんばってほしいところです。

いじょうー。
19:36CM(2)TB(1)EDIT

2011.05.07 *Sat

【漫画】先生と僕 (2巻)

発作なう。ゆの字です。

ゴールデンウィークに11連休をもらっているのに呼吸が出来なくなる程の
咳に襲われベッドから離れられなくなっています。
病院に行ったら喘息ですって。そっかぼく喘息だったんだ。知らなかった!
・・・どうも最近自分の体についての理解が足りてないことを強く認識するなあ。

今回読んだ本はコレ。

□----------------------------------------------------------------------□
先生と僕? ―夏目漱石を囲む人々― (MFコミックス フラッパーシリーズ)先生と僕? ―夏目漱石を囲む人々― (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2011/04/23)
香日 ゆら

商品詳細を見る

 「正岡は冷笑が好きな男だった 冷笑してそれから・・・」

日本が誇る文豪、夏目漱石───

日本政府より、国賓留学生としてロンドンへ派遣された夏目先生。
帰国後は、ついにあの名著「吾輩は猫である」を世に発表することになる。
一躍有名となった先生のもとにはユニークな友人や門下生があいかわらず訪れて!?

大好評!先生と個性豊かな友人・門下生がおりなす日本初の文豪4コマ、第2巻!
□----------------------------------------------------------------------□

さて夏目先生第二巻です。
明治文豪を題材にとったという異色の4コマながら、キャラクターがそれぞれ
デフォルメされて描かれていて、さらっと出てくる裏話なんかに萌えてしまう。
かわいい女の子ばかりが萌えだと思うなよ!
「吾輩は猫である」「こころ」「ぼっちゃん」など、教科書に出てくるような
名作を執筆した文豪・・・のはずなんだけど、これを読んでいるとそんな偉大な人とは
思えなくなってくる、むしろ身近に感じてしまうという不思議。
夏目先生エピソードもさることながら、当時の文化や国勢なども透けて見え、
これらの時代に興味を持たされてしまうあたりが素晴らしいと思います。
本好きには本当におすすめできるシリーズです。

しかし先生ってば明治に猫耳デビューしてたのか。
時代を先取りすぎだろう・・・。
13:15CM(0)TB(0)EDIT

2011.05.07 *Sat

気合を入れると息切れすることに気がついた。
気がつくのが半年くらい遅いですね。

気合を入れないことにしました。
だらだらやっていきましょう。
12:08CM(0)TB(0)EDIT


プロフィール

ゆのゆゆ

Author:ゆのゆゆ
FC2ブログへようこそ!



FC2カウンター



カテゴリ

未分類 (1)
ブログの説明 (1)
小説 (7)
漫画 (11)
その他 (1)



最新コメント



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



月別アーカイブ



Copyright © よんだらかく。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。